審査はWEBから申し込んで受けるべきか

最近のクレジットカードの多くはWEBから申し込めるようなものが大半となってきています。今までのクレジットカード申し込みといえば店頭での申し込みや紙の申し込み用紙を利用するものが大半だったのですが時代の流れによって変わってきています。さてこのクレジットカードの申し込みはWEBから申し込みをする方法と昔ながらの方法で申し込みをするのとで審査には差が出るのでしょうか。今でも申込用紙を利用したクレジットカードの入会というものは多々残されていますのでその差が有るのかについて考察してみたいと思います。

■審査内容
クレジットカードの審査にあたり基本的な基準というのはどこから申し込んでも変わりがないものと言われています。ただ、即日審査をWEBから申し込みする場合のウリとしている場合には多少の差があるかもしれません。というのも即日審査を実施するためには入力内容を点数化したスコアリングという処理を重視して審査する必要があるからなのです。スコアリングを利用することによってクレジットカードの審査は高速化されるのですが、その分人の手をあまり介さなくなるのでどうしても厳しい審査の設定とせざるを得なくなります。
即日審査以外のクレジットカードであれば審査の基準は大きく変わらないと思われます。即日結果が出ないものの大半は何かしら審査担当の手が介在しているということが予想されますので、申込用紙で内容を確認してコンピュータで処理し始めるか、入力が終わった状態で審査が始められるかの違い程度しかないと考えられます。

■審査完了までの時間
これはWEBを利用して申し込みをするのかどうかによって大きな差が出る部分です。まず申込用紙でクレジットカードの申し込みをする場合には郵送に時間が必要となります。その分審査が開始されるまで時間がかかりますのでWEBのようにすぐデータのやり取りを出来るような場合に比べると非常に時間がかかると言わざるを得ません。また申込用紙を利用した場合はクレジットカード会社やそれに関連する会社において記述内容をシステムに入力する時間が必要となります。システムへの入力は間違いがあってはいけませんので確認する時間も必要となりますし総じて時間が必要なことが多いです。

WEBから申し込みをすることの大きな利点は審査が素早く完了するというところだと考えられます。その反面人間の手を介在しない部分が多く審査が厳しくなることもありますのでそこだけ留意しておきましょう。

キャンペーン期間を狙おう!

クレジットカードの審査に通りやすくしたいと考えるのであれば、キャンペーン期間を狙う、ということが極めて重要になります。では、実際になぜキャンペーン期間を狙うと審査に突破しやすくなるのでしょうか。その理由をお教えします。

・キャンペーン期間中は会員数を増やしたい願望あり

なぜキャンペーンを実施しているのか、ということを考えてみましょう。キャンペーンをしているということは、登録者を増やしたい、といった気持ちがあるのです。
そもそもクレジットカードのキャンペーンの殆どは新規入会キャンペーンです。入会することで、数千円部のポイントが獲得できたり、といった内容になっています。登録するとオトクである、といった印象をあたえるためにキャンペーンを実施しているわけです。

そもそもキャンペーンを実施するということは、一時的にカード会社が赤字を出す可能性がある、というものです。赤字を出してまで会員を増やしたい、といった気持ちがあるので、審査も自然とゆるくなるのは当然でしょう。過去に楽天してしまったカードであったとしても、審査に突破できるチャンスが有るわけです。

クレジットカード位の審査に落ちた経験がある方は、ぜひキャンペーン期間を狙いましょう。そしてクレジットカードを取得しましょう!

在籍確認とクレカ審査

クレジットカードの審査で気になってしまうのが在籍確認です。消費者金融に申し込みを行う場合にはほぼ100%の確率で在籍確認が必要になっていくわけです。仕事していることが貸出条件になっているからです。

一方で問題になってくるのが、クレジットカードの審査でも在籍確認が行われるのか、という部分でしょう。在籍確認が行われるということは審査に時間がかかってしまうかもしれません。また仕事をしていなければ審査を突破できない、ということにもなるわけです。

こちらではクレジットカードの審査と在籍確認の関係性に迫ります。

クレジトカードの審査の場合は、必ずしも在籍確認が実施されるわけではありません。たとえば、キャッシング枠を設けない、という場合には在籍確認を免除してくるカード会社もあるのです。
また、個人信用情報などに少しの問題がある、という方のみ在籍確認を実施してくるクレジットカード業者もあるわけです。必ずしも在籍確認は行われるわけではありませんが、その可能性もある、ということはしっかりと理解しておきましょう。

ちなみに在籍確認は本人が出なかったとしても問題ありません。職場に対して実施された場合には、その職場にあなたがいる、ということが証明されればよいのです。

パラサイトとクレカ審査

クレジットカードの内実を詳しく知りたい、という方も多いのではありませんか。クレジットカードの審査ですが、中身をしっかりと理解しておかなければなりません。自分が審査に通りやすいのか、それとも通りにくいのか、ということを知っておくだけでもクレジットカードの審査の通りやすさ、と言うものに大きな違いが出てくるわけです。

こちらでは、まずはパラサイト。いわゆる、実家に暮らしているとクレジットカードの審査に通りやすいのか、ということについて詳しく解説します。

■パラサイトは審査で有利になる可能性が高い

・若者であればパラサイト状態のほうが審査に通りやすくなる

実家に暮らしている若者は高く評価される傾向にあります。もちろん、その家が両親お持ち家である、ということが重要になってきます。
パラサイトだと、まず家賃というものを支払いません。その分を返済に回せる、といったことが考えられるわけです。さらに実家には両親が住んでいるので夜逃げということもしないと考えられるわけです。カード会社としては回収するにあたり審査をするにあたり非常にプラス評価ができるわけです。

さらにパラサイトをしていると実家には固定電話もあるでしょう。固定電話の有無のクレジットカードの審査には大きく関わってくるわけです。固定電話を持っていると高く評価されるわけです。

スコアリングによるクレカ審査

クレジットカードの審査ではスコアリングというものが行われています。しかし、スコアリング審査と言っても、どのような内容であるのかを詳しく理解していない、という方も多いのではないでしょうか。

こちらではスコアリング審査とはどういったものなのか、ということを説明していきます。クレジットカードの審査をより詳しく理解していきたい、と考えている方は必見です。

■スコアリング審査とはどういったものなのか?

・属性情報などを点数化しているもの

年齢であるとか住まいであるとか、勤め先や雇用形態、さらには年収などを点数化しているのです。それらの点数を総合して何店以上だと審査クリア、何店以下だと審査落ち、というようなことを各業者は決めています。

たとえば、雇用形態ですが最も高く評価されるのは正社員です。正社員の場合は急に仕事をやめるようなこともないと考えられます。今後も一定の返済能力を確保してくれると考えられるので、審査では有利になり点数が高くなります。
一方で、パートやアルバイトなどの非正規雇用は急に仕事をやめてしまうかもしれません。点数は低めになり、審査は厳しくなってしまうのです。

ただし、スコアリング審査が全てではありません。個人信用情報の内容によってはスコアリング審査に関係なく審査落ちになる可能性もあるのです。

ゴールドカードとプラチナカードの審査に突破するための年齢と年収

クレジットカードですが、一般カードとゴールドカードやプラチナカードというものは審査が大きく異なっているわけです。一般カードに関してはそれほど難しいものにはなっていません。一方で、ゴールドカードやプラチナカードに関しては、審査がかなり厳しくなっているのが現状なのです。

こちらではゴールドカードとプラチナかーーどにターゲットを絞り、どの程度の年齢と年収であれば審査に突破できるのかをお話します。

■ゴールドカードとプラチナカードの審査|年齢について

・ゴールドカードに審査に突破しやすい年齢・・・25歳以上
・プラチナカードの審査に突破しやすい年齢・・・30歳以上

ゴールドカードトプイチナカードは、低年齢の方には難しいです。特に20代前半の場合には、なかなか持つことは出来ません。ただし、ヤングゴールドカードというものに関しては、20代前半でも審査に突破できる可能性が出てきます。

プラチナカードに関しては、かなり難しくなるので注意しましょう。20代での取得は難しいかもしれません。

■ゴールドカードとプラチナカードの審査|年収について

・ゴールドカードの審査に突破しやすい年収・・・400万円以上
・プラチナカードの審査に突破しやすい年収・・・700万円以上

ゴールドカードの審査に関してはだいたい平均年収である400万円が一つのボーダーラインです。プラチナカードはさらに高年収である700万円が一つの基準となってきます。

ゴールドカードの審査に突破したいならヤングゴールドカードがおすすめ

ゴールドカードの審査を受けたいと望んでいる方はかなり多いと思います。クレジットカードを持っていたら、一度はゴールドカードを利用したい、といった気持ちが生まれるものです。

しかし一般クレジットカードであればまだ審査に突破できる可能性はあるものの、ゴールドカードの審査となると簡単ではありません。審査落ちしてしまうこともありえます。

こちらでは審査に突破しやすいゴールドカードとしてヤングゴールドカードをおすすめします。

■本当にヤングゴールドカードは審査がやさしいのか?

・収入が低くても問題なし

ヤングゴールドカードに関しては、収入が低くても全く問題ありません。そもそも20代の方向けのカードとなっているので、年収が低くても当然とされているわけです。
たとえば、年収が200万円台であるとか300万円台である、という方でも問題なく審査に突破しています。

・非正規雇用でもチャンスあり

アルバイトやパートでは少し難しいかもしれませんが、契約社員や派遣社員であった場合にはヤングゴールドカードを持てるチャンスが有ります。非正規雇用でも利用できるかもしれないのです。特に若者は非正規雇用の方が多い、といった特徴がありますよね。ヤングゴールドカードであればそんな非正規雇用の方でも持てるかもしれないのです。

国際ブランドの選択が大事!

クレジトカードの審査を突破するためにはしっかりとした知識を持っておくことが何よりも重要です。正確な知識を持っておくことで、圧倒的にクレジットカードの審査に通りやすくなるわけです。

こちらではクレジットカードの審査と国際ブランドの関係性についてお話します。どんな特徴を持っているのでしょうか。

・審査が甘めなブランドと審査が厳し目なブランド

クレジットカードの審査が甘めとされている国際ブランドがあります。そのブランドですが、VISASにマスターカード、さらにJCBとなっています。ステータス性はそれほどないので、審査に突破しやすい、といった特徴を持っているわけです。そもそも年会費もそれほど高くはありません。安心して利用できるカードです。

クレジットカードの審査が厳し目とされている国際ブランドもあります。アメリカン・エキスプレス・カードとダイナースカードです。その二つのブランドはステータス性もあるので、そうかんたんに審査に突破できるわけではありません。確実に審査を突破したいのであれば、前述したVISAやマスターカード、さらにJCBといったブランドの付いているクレジトカードを目指すべきです。

VISASやマスターカードの場合は本人確認の電話もなかった、という声が続出しています。それほど詳しい審査を行っていない可能性も高いわけです。