学生のクレジットカード審査

社会人に比べると一般的に収入が少ないのが学生ですが学生に関してクレジットカードの審査はどのようになっているのでしょうか。クレジットカードの審査といえば安定した収入が得られているかどうかということも審査の内容としては重要なものとなっており収入の少ない学生は不利であるような印象を受ける方が大半でしょう。学生の皆さんは気になるこの審査について詳細説明していきます。

■信用情報は親権者のものも利用されている
学生向けに発行されるクレジットカードの審査においてはその本人の信用情報だけではなく親権者の信用情報も同時に確認されていると言われています。これは万が一支払えなくなった場合に親権者がどの程度の金額であれば支払えるのかを判断するために利用されているのでしょう。ただ基本的にはクレジットカードの支払いというのは自分で済ませるべきものですので学生に発行されるクレジットカードは限度額が低いものとなっています。自分で稼げば払えるであろう金額に設定されるのが一般的ですね。
もちろん個人の信用情報というのも確認されています。携帯電話などを昔から支払っているのであれば支払い遅延などがあると信用情報に傷がついていることもありますのでそういったし払い忘れが無いかなどを個人の信用情報から確認しています。

■審査に収入はそこまで重要ではない
学生の収入というのは非常に扱いが難しいものとなっています。毎月ある程度一定してアルバイトなどで収入を得ている場合もあれば、短期的なアルバイトで一気に稼いでしばらく凌いでいるような学生もいます。また税金が掛からないので表にはなりませんが仕送りを収入源として生活しているような学生まで存在しています。
こういった複数のパターンが考えられますので学生の収入に関してはクレジットカードの審査においてそこまで重要視されていないとういうことが言われています。社会人であれば職に就いていなければ無職として申告することにもなりかねないですが学生の場合は学生として申告しますのでアルバイトをしているのかどうかについては正確に申告するような形式とはなっていません。こういったことも踏まえて収入は審査にそこまで影響していないということが考えられるのです。

また学生と言えども学生カードなどのクレジットカードを利用すればそこまで審査は厳しくありません。学生にいかにクレジットカードを利用してもらうかということを考えたものが学生カードですので、クレジットカードの審査を受けるときにはこのようなものに申し込みんでみても良いでしょう。

ゴールドカードの審査は厳しいのか

ステータス性の高いクレジットカードを持ちたいと考えたときに検討候補として挙がるのはゴールドカードでしょう。国際ブランドのアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブというもので考えるのも一つの方法ではありますが今回は国際ブランドではなくゴールドカードといったクレジットカードのランク面でステータス性の高いクレジットカードを選んでみることを考えてみたいと思います。

さて一般的にステータス性が高いと言われているゴールドカードの審査はどうなっているのでしょうか。利用者にとっても平均的には1万円程度の年会費を支払うことになるクレジットカードですし、それだけの年会費を支払うことが出来るのかどうかと審査が厳しいように感じているかたも多いのではないでしょうか。しかしながら最近では皆さんが思っているよりもゴールドカードの審査は甘いものになってきているのです。
一昔前のゴールドカードといえば年齢は30歳以上、年収であれば500万円以上を稼いでいるような方でないと審査に通らないとまで言われていました。それが最近ではそこまで審査が厳しいものではなく安定した年収さえあれば審査に通過できるようなものが増えてきました。プロパーカードである三井住友カードのゴールドカードであってもそこまで審査は厳しくなく年収は300万円程度で安定した収入があれば年齢はそこまで重要視されていないように感じるところにまで優しくなってきているのですね。非常にゴールドカードの審査という意味ではハードルが下がってきていると言えるのです。

ただゴールドカードの種類が非常に増えてきたこともあり審査の難易度というのはカードによって大きく異なったものになってきたというのも事実です。年会費が安めに設定されているMUFGゴールドなどであれば少しステータス性は下がってしまうものの審査は易しめになっていますし、逆に年会費が高額なクレジットカードとして知られているアメリカン・エキスプレスのゴールドカードやゴールドカード相当のダイナースクラブなどは審査が厳しくなっています。これらの差については理解しておくことが大切でしょう。

またゴールドカードの中でも提携されている国際ブランドがJCBとなっているものは全体的に審査が厳し目となっています。JCBはプロパーカードや提携カードにおいて審査が1営業日以上必要となるクレジットカードとなっていますし、それだけ自動審査に頼らず細かな審査をしているのだと思われます。

銀行系クレジットカードと審査

クレジットカードは審査を突破しなければ利用することは出来ないのは分かりきっていることです。しかし、審査を突破するのは非常に難しいことでもあるわけです。

こちらではクレジットカードの審査を突破するために必要になる情報を一つずつ紹介していきます。最初は銀行クレジットカードの審査の特徴についてお話します。銀行系クレジットカードの審査は厳しいのでしょうか?それとも易しいのでしょうか?

銀行系クレジットカードですが、審査基準は高めの設定となっています。誰でも利用できるようなカードではないわけです。一方で、審査基準が高いということは、会員特典の内容に大きなメリットがある、といっても過言ではありません。たとえば、旅行家の保険が充実している、といった特徴もあるわけです。

ちなみに銀行系のクレジットカードということで、総量規制を越えた利用ができるのではないか、と思っている方も多いです。しかし、総量規制の対象内となっているので、銀行系だからと言って高額が利用できるわけではありません。年収が600万円の方のキャッシングは200万円までが限度となっているわけです。

銀行系クレジットカードの例としては、三井住友カードや楽天カードなどがあります。

信販系クレジットカードと審査

クレジットカードの審査を調べるにあたり、信販系のクレジットカードの審査についてはしっかりと把握しておくべきです。実は、くれじっとかーどの多くは信販系となっているのです。あなたが持っているクレジットカードの多くの信販系かもしれませんよ。

では、信販系のクレジットカードの審査は易しいのでしょうか?それとも厳しいのでしょうか?また信販系クレジトカードの特徴にはどういったものがあるのでしょうか?

信販系のクレジットカードですが、審査基準は一般的となっています。それほど難易度が高いわけではありませんが、易しいわけではありません。
ノーマルカードであれば、それほど厳しい審査基準とはなっていませんが、ゴールドカード以降になると審査基準は厳しめになるので注意してください。

信販系クレジットカードの特徴としては、ポイントプログラムの充実があります。ポイント還元率が高く設定されていることが多くなっているのです。たとえば、ポイント還元率が1.0%以上に設定されていたり、1.2%以上に設定されていたり、中には1.5%以上に設定されていることもあるのです。

信販系のクレジットカードの代表例としては、オリコカードやジャックスカードなどがあります。他にもVIASOカードやライフカードも信販系のクレジットカードです。

消費者金融系クレジットカードと審査

クレジットカードの中には消費者金融系のものもあります。消費者金融系のクレジットカードということですが、一般のクレジットカードと何か違いがあるわけではありません。同じように利用できる、といったメリットが有るわけです。

今回は消費者金融系のクレジットカードの審査難易度に迫ります。審査は易しいのでしょうか?それとも厳しくなっているのでしょうか?さらに消費者金融系クレジットカードの特徴にも迫ります。

消費者金融系のクレジットカードの審査難易度は比較的易しくなっています。審査落ちをけいけんしてしまったかたがどうしてもクレジットカードを作りたい、というときに重宝できるタイプのカードとなっているわけです。もちろん誰でも審査に突破できるわけではありません。

消費者金融系クレジットカードの代表例としてはACマスターカードがあります。実はあのアコムのクレジットカードなのです。現状では消費者金融系クレジトカードは、そのACマスターカード一枚しかありません。

ACマスターカードの特徴となってしまいますが、実はポイントプログラムが用意されていません。ポイントを貯める、といった楽しみがないのです。一方で、利用限度額は高額に設定してもらえるチャンスもあります。高額を利用したい、という方向けのカードでもあるわけです。

申込資格をチェックして審査に申し込もう

クレジットカードの審査を突破するためには、やはり申し込み資格のチェックは欠かせません。実は、各カードによって申込資格には若干の違いがあるのです。その違いを把握して、自分が申し込み資格に該当しているのか、ということはしっかりと確認しておかなければなりません。

今回はクレジットカードの申込資格、というものについて詳しくお話します。

申込資格でまずチェックしておきたいのが年齢です。年齢については、18歳以上をOKとしているもの、20歳以上をOKとしているもの、その他、の3つのタイプに分類されています。
18歳以上OKとしているカードが最も審査難易度が易しい、ということになります。一方で、25歳以上限定といったカードもありますが、審査難易度はかなり厳しいものになってしまうので注意しましょう。

他の申込み資格については収入があります。収入がなければ申込みができないというカードもあれば、専業主婦もOKとしているカードもあるのです。
基本的には収入がなければカードの申し込みはできないことが多いのです。探せば収入なしでも利用できるカードはあるので確認しておきましょう。

他に注目すべき申込み資格は電話があります。電話連絡がつかなければ申込みができない、というカードも多くなっているのです。携帯電話でも良いので連絡がつく電話を持っていることが必要になるわけです

審査に突破しやすいクレカがこれだ!

クレジットカードの審査についてここまで語ってきましたが、最後にお話するのは、審査に突破しやすいクレジトカードです。海外旅行をする予定があり、どうしてもそれまでにカードを取得したい、という方もいるでしょう。他にも何か買い物したいものがあるので、どうしてもカードが必要、というケースも有ると思います。

審査がやさしいクレジトカードを知っておく、ということは非常に重要なことでもあるのです。ただし、審査は個別に行われるので、必ず突破できるものでもありません。審査落ちしてしまうおそれも当然あるわけです。

審査に突破しやすいカードですが、ACマスターカードがあります。あの消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。年会費が無料となっており、海外旅行保険も国内旅行保険も付帯していません。だからこそ、審査難易度が低めに設定されている、といったことも言えるわけです。
ちなみに最短即日発行にも応じてくれています。30分以内に発行してくれるチャンスもあるカードなのです。どうしてもすぐにカードを取得したい、といった要望にも答えてくれるカードです。

ACマスターカードですが、利用可能枠は10万円から300万円までとなっています。審査によって利用可能枠には大きな違いがあるわけですが、高額な限度額がもらえるチャンスも十分にあるわけです。