■クレジットカードの審査は年収が重要

クレジットカードの審査ではどういったことが注目されるのか、ということを明らかにしていきます。これからクレジットカードの審査を受けたい、と思っている方は必見です。またクレジットカードの審査に落ちた経験がある、という方も注目してくださいね。

最初にお話させてもらうのが、クレジットカードの審査と年収です。

■クレジットカードの審査と年収にはどのような関係性があるのか?

・クレジットカードの審査における最低ラインが有る

クレジットカードの審査は年収120万円から200万円程度が最低ラインとされています。その最低蘭であれば、100%審査落ちになるわけではありませんが、それなりのステータス性があるクレジットカードの審査には落ちやすくなってしまうのです。

年収120万円というのは月あたり10万円の収入となります。月に10万円以上稼いでいるのであれば、一般カードであれば審査に突破できる確率がかなり高くなります。

・真実の年収を報告すること

年収が少ないので、多めに申告してしまう、という方はいます。確かに、10%のアップであれば問題ありません。例えば、180万円の方が200万円とするのは誤差の範囲とされているのです。
しかし、本当は100万円なのに300万円として報告してしまう、ということは避けなければなりません。

■クレジットカードの審査は勤続年数が重要

クレジットカードの審査に大きく関わってくるのが勤続年数です。しかし、勤続年数は長ければ長いほど良いとされているのですが、どのあたりがボーダーラインなのか、ということはあまり知られていません。

今回はクレジットカードの審査における勤続年数について徹底解説します。

■クレジットカードの審査には勤続年数はどのように関わってくるのか?

・信頼性を高めるものである

勤続年数ですが、長ければ長いほどクレジットカードの審査には有利な設定となってきます。その理由として、収入が安定している可能性が高い、ということになるからです。
勤続年数が短い方は転職を繰り返している可能性があります。カード会社としてはそういった方に利用してもらうのは怖いわけです。一方で、勤続年数が長いということは、今後も継続して仕事を続けてくれることになるのではないか、ということも思い浮かぶわけですよね。カード会社としても安心です。

・勤続年数のボーダーラインとは?

3年以上は必要になることが多いです。理想を言えば5年以上ですが、一般カードやゴールドカードであったとしても3年以上の勤続年数があれば問題なし、としているケースが多いのです。

一方で、1年未満となるとかなり厳しくなります。年会費が高めに設定されているカードの審査には落ちやすくなるので注意しましょう。

■クレジットカードの審査は職業が重要

クレジットカードの審査に職業も大きく関わってきます。審査に有利になる職業もあれば、審査が不利になる職業もあるのです。

こちらではクレジットカードの維新里職業の関係性を明らかにしていきます。

■クレジットカードの審査ではどのような職業が高く評価をされるのか?

・安定した職業であること

クレジットカードの審査では、公務員の評価が抜群に高いです。公務員であれば、キュにリストラになってしまう確率も極めて低いわけです。カード会社としても、安心してキャッシング利用をしてもらえます。回収率も高くなる、と考えられるわけですよね。
また、大手企業に努めている方も同じような理由でクレジットカード会社の評価が高くなっています。

一方で審査で不利になってしまうのが、個人事業主であるとか水商売で働いている方です。そういった職業の方は、仕事が安定していないのは事実です。カード会社としても、年収が高かったとしても評価を下げざるをえません。安定した返済がしてもらえる方を選ぶ傾向にあるわけです。

ちなみに、水商売の方はそのまま水商売と職業の欄に記載する必要はありません。ちょっとした工夫を加えることも重要なのです。例えば、アミューズメント業といった記載方法もありますよ。

■クレジットカードの審査で重要な返済力とは?

クレジットカードの審査で注目されるのが返済力です。返済力がある方にしかカード会社は審査を通しません。カードを利用されるということは、一時的にお金を貸す事になるわけです。その貸したお金を回収できなかったら意味はありません。喪失まで被ってしまうわけです。

こちらでは、クレジットカードの審査で大きく関わってくる返済力について詳しくお話します。どういった情報で返済力を確かめているのでしょうか。

■カード会社が返済力を確かめている項目とは?

・職業
・雇用形態
・年収
・勤続年数

上記をしらべて、それぞれの方の返済能力を調べているのです。

職業に関しては安定している公務員や大手の会社員といったものが人気となっています。今後も継続して一定の収入を得続けやすいと考えられるからです。毎月の収入が安定している点にも注目です。例えば個人で仕事をしていると、今月の収入は100万円あったとしても、来月の収入は10万円かもしれません。10万円であった場合は、返済に遅れが出てしまうかもしれないわけです。

雇用形態も注目されます。当たり前ですが、正社員が高評価を受けます。収入が高いことはもちろんですが、今後も継続して収入をえられやすいと判断されるからです。筆法で非正規雇用は半年後に同じ職業についているかも分かりません。ですから低評価となってしまいます。

■クレジットカードの審査で重要な性格とは?

意外に聞こえるかもしれませんが、クレジトカードの審査では性格、というものも注目されているのです。あなたの性格によっては、カードの審査を不利にしてしまうかもしれません。そういった状況をなんとしてでも避けなければならないのです。

では、そもそもクレジットカードの審査における性格とはどういったものなのでしょうか。確認してみましょう。

■クレジトカードの審査における性格とは?

・返済に責任をもっているのか?

お金を借りたら返さなければなりません。その返すという行為を問題なく行ってくれるような性格の人でなければ、カード会社はお金を貸したくはないわけです。

・過去に延滞したことがある
・過去に不払いを経験したことがある

上記のような方はカードを利用するには適していない性格、と判断されてしまうのです。もしかしたら、お金を無尽蔵に借りてしまう性格の持ち主かもしれません。返済期日があるのにそれを守らない時間にルーズな性格をしているかもしれないわけです。
もしもあなたが人にお金を貸すとしたら、期日を守らなかったり、たくさん借金をしてしまったりする方にお金は貸したくはありませんよね。カード会社も全く同じことを考えているからこそ、審査で性格が大きく関わってくるわけです。

■クレジットカードの審査で重要な財力とは?

クレジットカードの審査で重要になってくるものとして最後に紹介するのは「財力」です。あまり個人的な観点からは意識されない部分でもありますが、カード会社としては、財力は注目しなければならないテーマの一つでもあるのです。

こちらではクレジットカードの審査と財力の関係性に迫ります。

■クレジットカードの審査における財力とは?

・資産のことを指している

例えば住宅を持っている、というようなことが関わってくるわけです。建物と不動産を持っているということは財力がある、ということになります。実は、返済ができなくなってしまった時に、その財力が大きく関わってくるのです。

不動産は非常に大きなお金になります。お金になるということは、もしも返済ができなくなった場合には、売却をしてそのお金で借金を完済してくれる可能性もあります。そもそも自己破産をする時は不動産を処分して債権者に返金しなければいけないわけです。
財力がある人は一定の返済能力がある、ということになるので、カード会社をしても安心して審査に通すケースが多くなっています。

ちなみに不動産に関しては、家族所有であるケースも多いでしょう。本人所有のほうが圧倒的にクレジットカードの審査は有利になりますよ。

勤続年数が長いと審査に通りやすい

クレジットカードを利用するためには、まずは審査に通らなければなりませんクレジットカードは審査に通ってなんぼなのです。ただし、そのクレジットカードの審査を通過する、ということが簡単ではありません。じっさいに、多くの方が審査に落選してしまっている事実があるのです。

こちらではクレジトカードの審査を受けるにあたり、知っておくべき知識を幾つか提供していきます。クレジットカードの審査に落ちないようにするためにはどうしたら良いのか、ということを知りたい方は必見です。

■勤続年数とクレジトカード審査の関係性について

・勤続年数は長ければ長いほど良い!

クレジットカードの審査に大きく関わってくるのが勤続年数です。勤続年数が長ければ長いほどプラスの評価をされる、ということは理解しておきましょう。勤続年数が長いとその職業で安定して働いている、というアピールになるわけです。勤続年数が長いとその職業を急にやめる、ということも考えにくいですよね。一定の返済能力を維持し続けてくれるのではないか、ということをカード会社は考えるわけです。だからこそカードの審査に通りやすくなります。

・何年程度位の勤続年数があればよいのか?

3年以上あれば問題とされています。欲を言えば5年以上ですが、1年から2年でも審査に通過できた例はたくさんありますよ。

事故情報がないと審査に通りやすい

クレジットカードの審査に大きく関わってくるのが、個人信用情報です。クレジットカード審査の7割から8割は個人信用情報が握っている、と言っても良いかもしれません。そもそもどんなに良い属性情報があったとしても、個人信用情報に問題がある場合には、それ一つでひっくり返されてしまうことも考えられるわけです。それだけ個人信用情報はクレジトカードの審査に関わってきます。

今回は事故情報とクレジットカードの審査の関係性について迫ります。

■個人信用情報にどんな情報があると審査落ちしやすくなるのか?

・滞納情報があると審査に通りにくくなる

返済が遅れた経験がある方は、審査落ちをしやすくなるので気をつけなければなりません。返済に遅れるようなことはあってはならないことでもあるのです。
そもそも滞納情報についてはかなり長期間保存されてしまいます。24ヶ月クレジットヒストリーとして残されてしまうので、2年間は影響を受け続けてしまうことになります。

・債務整理をすると審査に通りにくくなる

債務整理は金融事故と判断されます。クレジットカードの審査に落ちる原因となるので、かなり危険です。もちろん返済ができない場合には、債務整理を行なうべきです。しかし、5年間から10年間は審査に影響を与え続けてしまうので、その点は把握した上で行なうかを判断しましょう。