いらないカードを整理しよう!

クレジットカードの審査に効率的に突破するためのコツをお教えします。今回お話しするのは、たくさんあるカードをどうするか、という問題です。いらないカードを整理する、ということが極めて重要になってくるわけです。

今回はいらないカードを整理することが、なぜクレジットカードの審査を突破しやすくするのか、ということについてお話します。

・カードが多いと総量規制の問題が発生する

クレジットカードにはキャッシング枠もあります。キャッシング枠とはお金を借りる枠のことを示しているのですが、いわゆるローンなのです。ローンには上限というものが決まっています。総量規制といったものがあり、年収の3分の1を超えるような借り入れはできません・

年収の3分の1を超える借り入れですが、たとえば年収が600万円ある方は200万円を超える借り入れはできない、とするものです。仮にたくさんのカードを持っており、キャッシングをしている場合には、その情報が個人信用情報に記されています。カード会社としては年収の3分の1を超える貸し出しができないので、新たなカードの発行について極めて慎重にならざるをえないのです。

そこで注目すべきは、使っていないカードを解約する、ということです。使っていないカードにも枠があるので、使おうと思えば使えてしまいます。カード会社としては心配なのです。だからこそ、そのカードを整理して、枠をあけておく、ということが重要になるわけです。

免許証番号を記載すると審査の通過率がアップする!?

クレジットカードの審査と大いに関わってくる可能性があるのですが、あまり知られていないものもあります。今回はクレジットカードの審査と、申込書の免許証番号の記入についてお話します。なぜクレジットカードの審査で免許証番号を記入すると審査の通過率がアップするのか、ということをお話します。

・記入することで信用度がアップする

免許証番号を記入することで、あなた自身の信用度がアップするわけです。そもそも免許証番号で何が分かるのか、と思う方もいるかもしれません。実は様々なことが分かるのです。

免許証がどこの地域で発行されたのか
免許証はいつ発行されたのか

他にも様々な情報がわかります。要は、身分証明書として利用した免許証が正確なものなのか、ということを確認できるわけです。あなたの信用度がアップする、ということにもなります。

・記入したくない場合はどうすれば良い?

基本的に任意項目となっているので、必ずしも記入する必要はありません。免許証番号を記載したくない場合には空欄のまま申込書を提出しましょう。
あくまでクレジットカードの審査を通りやすくするためのものなのです。それ以上でもそれ以下でもありません。あまり心配する必要はありませんよ。

電話対応に気をつけよう

クレジトカードの審査で大きく係る項目として注目されることもあるのが「電話対応」です。クレジットカードの審査では在籍確認や本人確認の電話があることも考えられます。その時の対応方法によっては審査の当落に大きく関わってくることもあるわけです。

こちらではクレジットカードの審査と電話対応の関係性について詳しくお話します。

・電話にでることが必須

面倒で、居留守を使ってしまうようなことは絶対に駄目です。電話が来たらかならず出るようにしてください。電話に出なければ、カード会社としても審査にならないわけです。何か大切なことをつかなくても電話連絡がつかない相手、というレッテルが貼られてしまうかもしれません。
もちろん忙しくて出られないときもあるでしょう。そういった時は自分から折り返しの電話連絡を行なう、ということが大事なのです。

・丁寧に対応すること

乱暴な対応をしてしまうと、カードを利用させるのが不安、といった気持ちをカード会社に持たせてしまいます。敬語を使うのも必須です。要は一般社会常識がある人物であるのか、それともない人物であるのか、ということがその電話連絡で確認されてしまうわけです。
電話だけで一般社会常識がないと判断されてしまうのは納得がいかないかもしれませんが、そういったものでもあるので必ず丁寧に対応しましょう。

携帯電話番号も固定電話番号も記入する!

クレジットカードの審査に突破するためのコツとして最後に紹介するのは、電話番号の記入です。クレジットカードの申し込みをするときに記入する書類には、必ずと行ってよいほど電話番号を記入するところがあります。そもそも電話番号をカード会社としても教えてもらわなければ困るのです。滞納があったときに電話連絡がつかなければ督促も難しくなってしまいます。

今回は電話番号の記載とクレジットカードの審査と言うものについてお話します。

・携帯電話番号だけではダメ!

携帯電話番号だけを記入している方も多いでしょう。もちろん携帯電話番号しか持っていない、という方は仕方ないので構いません。しかし、固定電話を持っているのに記載しない、ということは非常にもったいないのです。
携帯電話も固定電話も持っているのであれば、双方の電話番号を記入してください。そうすることで、あなたの信用度がアップするわけです。審査に通りやすくなる、というわけです。

そもそも固定電話を持っているという場合は、その地域に根づいている、という証明でもあるわけです。短期間しか暮らさないのであれば、固定電話は利用しない、という方が多いでしょう。長期間住むからこそ固定電話を持っているわけです。

■ライフカード

クレジットカードの審査に落ちた経験がある人は多いのではありませんか。しかし、どうしてもクレジットカードが必要、というようなこともあるでしょう。そこで注目したいのが、審査の甘いクレジットカードを知る、ということです。審査に通りやすいカードを知っておくことで、より簡単にカードを取得するようなことも考えられるわけです。

このサイトでは、審査に通りやすいクレジットカードを6つ紹介します。その中で最も良いと思うものにぜひ申し込んでみてくださいね。

・おすすめクレジットカード:ライフカードについて

ライフカードはフリーの人やパートの人、更には専業主婦や自営業の人も持てるカードです。知名度もありますし、利用したいという方も多いのではありませんか。
実際に、借金をしている方でも審査に通った、という例があるほどです。

ライフカードは、サービス的にはそれほど凝っていません。もちろん、ポイント還元率にはこだわっていますが、保険サービス等はそれほど良いものがないのです。良いサービスがないということは、それだけカード会社がカードに対してコストを掛けていない、ということでもあります。だからこそ多くの方が審査に突破できているわけ。

必ずしも審査が甘いカードではありませんが、チャレンジしてみませんか。

■イオンカードセレクト

審査の甘いカードを探している方でショッピングに有効なクレジトカードが欲しい、と思っている方は多いのではありませんか?そんな方におすすめしたいのがイオンカードセレクトです。

イオンを定期的に利用している、という方には特に利用して欲しいカードの一つなのです。大手スーパーのイオンの利用が圧倒的にお得になるチャンスもありますよ。

・イオンカードセレクトの特徴とは?

主婦層をターゲットにしています。そもそもスーパーのイオンのカードなので、主婦の方が多く持っていることもうなずけますよね。主婦の方が持てるということは、それほど審査で年収にこだわっていない、という証明でもあります。主婦でなかったとしても、フリーターやパートといった収入がそれほど高くない方でも利用できるチャンスは十分にあるわけです。

さらにポイントにも注目しましょう。
イオン系列の店舗位であれば、200円毎に2ポイントの還元が受けられるのです。たくさんのポイントを取得できるのもイオンカードセレクトの大きな特徴でしょう。

もう一つ注目すべきなのが、5%オフの感謝デーです。毎月2日はイオンで5%オフでショッピングできるカードなのです。その日に集中して買い物をして家計をやりくりしている主婦も多いですよ。

■セゾンカード

審査の甘いクレジトカードとして最後に紹介するのはセゾンカードです。セゾンカードは最短即日発行できるカードとしても有名ですが、審査に関してもそれほど気にしくないことで知られています。他のクレジットカードに挑戦する前に、まずはセゾンカードの審査を受けてからチャレンジする、という方も少なくありません。

今回は審査が企画的優しいクレジットカードであるセゾンカードの特徴に迫ります。

・セゾンカードの特徴とは?

年会費がかからない、といった嬉しい特徴があります。初年度年会費だけではなく、2年目以降の年会費に関してもかかりません。年会費がかからないので、それほど手厚いサービスが有るわけではありませんが、非常に使い勝手の良いクレジットカードです。

入会キャンペーンにも注目したいところ。セゾンカードに入会をすると2,000円相当のポイントをプレゼントしてもらえるのです。たくさんのプレゼントをゲットしたい、という方にはうれしいキャンペーンですよね。

ちなみにセゾンカードに関しては消費者金融に借金があっても審査に突破できた、という声が多く見受けられます。借金をしているとクレジットカードの審査は厳しくなるものですが、そういった心配もセゾンカードの場合はあまりないわけです。

■楽天カード

最後に審査の甘さでおすすめしたいのは、ご存知楽天カードです、はっきり言って、普通の方であれば楽天カードの審査にまず落ちることはないでしょう。もちろん楽天カードの公式サイトに、はっきりと審査が甘いと謳われているわけではありません。しかし、実際に身の回りで楽天カードに落ちた人が全く見つかりません。

楽天カードの審査が甘い理由はある程度推測できます。まず、今やクレジットカードと言えば楽天カードと呼ばれるほど、人気のクレジットカードですよね。なぜここまで人気なのかと言えば、楽天サービスを利用した囲い込み戦略や、CM戦略が考えられます。

クレジットカード会社が利益を得るためには、クレジットカードをたくさんの人にたくさん使ってもらうことが必要です。大人気の楽天カードはこれらの条件を満たしていて、それゆえに年会費を無料にしても楽天カードは儲かるわけです。

そして審査が甘いのも同じ理由です。既に楽天カードにはたくさんのユーザーがいて、楽天カードに大きな利益をもたらしてくれています。つまり、楽天カードを支えてくれるユーザーがたくさんいるので、多少甘い審査でカードを発行して、それが貸し倒れなどの損失に繋がったとしてもそこまで痛くないわけです。

簡単にまとめると、楽天カードは審査を甘くしても生じるリスクが小さいので、他社よりも甘い審査でカードを発行できるわけです。これは想像でしかありませんが、まぁいい線いっていると思います。

また、カードブランドということもあるでしょうね。例えばJCBや三井住友は、どちらかというと厳格な会社です。年会費が高額な分、ステータス感もあります。一方楽天カードは持っていて自慢できるようなステータス感は最初からありません。無職の人に楽天カードを発行したとしてもブランドイメージの低下を招かないので、審査が甘いのだと推測されます。