年収が高いと審査に通りやすい

クレジットカードは審査に通らなければ始まりません。ポイント還元リ鬱が高い魅力的なクレジットカードであったとしても、審査に通らなければ利用できないような状態になってしまうわけです。そこで注目をしていきたいのが、年収です。クレジットカードの審査には年収が大きく関わってくるので、その点もしっかりと理解しておきましょう。

こちらではクレジットカードの審査と年収の関係性について明らかにします。一体どの程度の年収があればカードの審査に通りやすくなるのでしょうか。

■クレジットカードの審査と年収の関係性を徹底調査してみた

・年収の最低ラインはどの程度なのか?

年収が120万円から200万円程度が最低ラインとされています。その程度の年収があれば、審査難易度がそれほど高くないクレジットカードであれば審査に突破できるようになります。

・理想的な年収は?

400万円以上が理想的とされています。ただし、年酒が高ければよいというわけでもありません。年収が高かったとしても借り入れがある方は評価が低くなるわけです。
年収が400万円程度であったとしても借金がないという方であれば、審査は圧倒的に有利に運びますよ。

・年収の虚偽申告について

絶対に虚偽申告はやめてください。審査落ちする原因になってしまうことも十分に考えられます。

職業的に有利だと審査に通りやすい

クレジットカードの審査に大きく関わってくるのが職業です。どのような職業についているかによっても審査の通りやすさ、というものが大きく変化してくるわけです。もしかしたらあなたは有利な職業についているかもしれません。一方で、不利な職業についている、ということも考えられるわけです。

今回はクレジットカードの審査で職業的に有利なものや不利なもの、ということについてお話します。クレジットカードの審査を攻略していきたい、と考えている方は必見です。

■安定した職業であれば審査に突破しやすくなる!

・公務員
・大企業勤務

上記のような職業についている方に関しては、クレジットカードの審査に圧倒的に通りやすくなります。安定した職業についている、と判断されるからす。安定した返済能力があり、急に仕事をやめるようなことも考えにくいわけです。

もしも自分が上記した職業についている、といったことがあった場合には少し難易度が高めなクレジットカードに申し込む、ということを考えても良いかもしれませんね。

■不安定な職業は審査を厳しくする

・自営業
・水商売

上記のような職業で働いている人は審査がかなり厳しくなってしまうので注意しなければなりません。収入的に安定していない、と判断されてしまうからです。収入が高かったとしても審査落ちする確率が高くなってしまいます。

住居形態とクレジットカードの審査

クレジットカードの審査ですが、居住形態というものも大きく関わってくることは指摘しておかなければなりません。自分の住まいの情報がクレジットカードの審査に関わってくることなんてない、と思っている方が非常に多いと思います。シカシ、カード会社は思った以上にそういった情報を確認しているわけです。

こちらではクレジットカードの審査と居住形態を明らかにします。一体どのような特徴があるのでしょうか。確認してみましょう。

■クレジットカードの審査に有利な住居形態と不利な住居形態

・持ち家である

持ち家であると非常に高く評価されます。
自己所有はもちろんですが、家族所有であったとしても持ち家であるということは高く評価される条件になっているわけです。
ちなみにマンションよりも一軒家のほうが高く評価されます。土地を持っているからです。

持ち家を持っているということは一定以上の資産を持っている、という証明でもあるわけです。もしも返済ができなくなった場合は、その資産を処分した上で回収できる、ということもカード会社は考えています。一方で、賃貸に住んでいる場合には、資産というものがあまりないと判断されてしまうわけです。だからこそ審査では少し厳しくなってしまうのです。

人の性格と審査の関係性

クレジットカードの審査で知っておくべき情報をここまで述べてきました。今回は最後のテーマになります。そのテーマですが、「性格」というものです。クレジットカードの審査に性格が関わっている、ということは少し驚きを持って捉えている方も多いのではありませんか。

ではクレジットカードの審査に性格はどのように関わってきているのでしょうか。確認してみましょう。

■お金にルーズな性格だと思われてしまわないようにすること

・返済管理について注目されている

クレジットカードの審査では、お金に対してどのような考え方を持っているのか、ということが非常に注目されているわけです。お金にルーズな性格だと思われてしまうと、審査落ちになってしまう可能性があるわけです。お金にルーズな性格だと思われてしまわないようにするためにも、返済管理についてはしっかりと確認していきましょう。

毎月正確に返済しておけば大きな問題になることはありません。

・事故情報に注目がされている

事故情報とは、債務整理などを指しています。自分の返済能力以上にお金を借りてしまい、返済ができなくなってしまったことを指しているので、カード会社としても非常にお金を貸すのが怖いわけです。ですから債務整理をしていない、ということも審査には大きく関わってくるわけです。

■審査落ちしにくいクレジットカード・エポスカード

お得な優待が多いと人気のクレジットカードが、エポスカードです。
エポスカードの申込基準は、高校生を除く満18歳以上の方。
18歳以上であれば、フリーターでも審査通過しやすいクレジットカードです。
年会費は無料です。

・即日発行が可能
エポスカードはマルイなどにあるエポスカードセンターで発行すると、最短30分ほどで発行することができます。
審査も早く発行も早く、申込後すぐに使うことができます。
即日発行に対応している店舗がまだ少ないようですが、即日発行ができるのはメリットでしょう。
郵送で受け取る場合も1週間程度で発行となり、スピード審査、スピード発行のクレジットカードと言えます。

・優待店舗が多い
エポスカードはマルイで年に4回、10%オフになる期間があります。
マルイではお得なクレジットカードなのですが、これだけでは終わりません。
なんと全国7,000以上の施設で、割引などの優待を受けられるのです。
持っているとお得になるクレジットカードでしょう。
即日発行が可能なので、申込み当日から割引優待を受けることも可能です。

・デザインカードがある
発行手数料500円を支払えば、70種類以上から好きなデザインを選ぶことができます。
これだけのデザインが用意されているクレジットカードは、エポスデザインカード以外にはないでしょう。
お気に入りのデザインのクレジットカードが欲しいならおすすめです。
デザインカードだからといって、審査が厳しくなることはありませんので安心してください。

・海外におすすめ
エポスカードには海外旅行保険が自動付帯します。
500万円と最高補償金額はそれほど高くはないのですが、疾病治療費最高270万円、傷害治療費最高200万円と、治療費の補償金額が高いのが特徴です。
年会費無料クレジットカードで、ここまでの補償があるのは貴重です。
海外旅行のために発行するのもおすすめです。

・審査が甘い理由
エポスカードはマルイが発行元となるクレジットカードです。
マルイは分割払いをを早くから導入しており、手数料により利益を上げてきたと言えます。
エポスカードも分割払いやリボ払いにより利益を見込めるため、審査を甘くして会員数を増やしているようです。
またエポスカードを発行することにより、マルイ店舗の利用者が増え売上が上がることも考えられます。
クレジットカードを発行することにより儲かるので、フリーターでも発行しやすい審査基準となっているのです。

■審査落ちしにくいクレジットカード・ヤフーカード

Yahoo!JAPANカードは共通ポイントのTポイントがたまるクレジットカードとして、フリーターにも人気です。
申込基準は高校生を除く18歳以上で、有効なYahoo!JAPANのIDを持っている方となります。
Yahoo!JAPANのIDは無料でカンタンに取得できます。
フリーターでも審査基準を満たすのは容易なクレジットカードです。
年会費は無料です。

・Tポイントがたまる
Yahoo!JAPANカードは、100円に1ポイントがたまります。
還元率は1.0%と高めです。
しかもたまるポイントは共通ポイントのTポイント。
Yahoo!サービスだけでなく、TSUTAYA、ファミリーマートなどでも使えます。
ソフトバンクの携帯料金に充てることも可能です。
使い勝手が良いポイントなので、貯めればためるほどお得です。
Yahoo!JAPANカードはTカードの機能も持ち合わせているので、提示だけでもポイントを獲得できます。

・Yahoo!ショッピングでお得
Yahoo!ショッピングやロハコでの利用時は、いつでもポイント3倍になります。
100円に3ポイントが獲得できるので、Yahoo!ショッピングではお得なクレジットカードです。
Yahoo!のプレミアム会員特典などを組み合わせると、さらに還元率をあげることもできるでしょう。
Yahoo!ショッピングをよく利用するなら、おすすめのクレジットカードです。

・スピード発行が可能
Yahoo!JAPANカードは、スピード審査のクレジットカードです。
早ければ翌日には審査が完了し、審査通過できていればすぐに発行となります。
1週間〜10日ほどあれば手元に届きますので、早く使うことが出来るクレジットカードでしょう。

・電子マネーチャージにも
JCBブランドであれば、nanacoチャージで1.0%のポイントを獲得することができます。
Yahoo!JAPANカードはJCB以外にマスターカードとVISAブランドもありますが、JCB以外はnanacoチャージはポイント付与対象外となりますので注意してください。
国際ブランドにこだわりがなければ、JCBブランドがおすすめです。
ちなみに国際ブランドにより、審査が厳しくなったり甘くなったりすることはありません。

・プラチナ補償アリ
別途500円(税抜)を支払うと、11種類のプラチナ補償を付帯させることができます。
有料でも良いので手厚い補償が欲しいなら、おすすめでしょう。

■楽天カードは審査の甘いクレジットカードなの?

楽天カードは知名度がうなぎのぼりです。楽天カードマンのテレビコマーシャルを観たことがある、という人も多いでしょう。お笑い芸人が真似をしていたこともありましたよね。
そんな楽天カードも比較的審査が甘いクレジットカードとして知られています。

こちらでは楽天カードにはどのような特徴があるのか、ということを明らかにしていきます。

・楽天カードの特徴とは?

審査の甘いクレジットカードとして知られる楽天カードですが、やはり年会費が永年無料である、というところが魅力的です。初年度も年会費がかからなければ、2年目以降も年会費がかかってこないのです。ずっと支払う必要がありません。

であるにも関わらず、ポイント還元率が良好です。最低でも1%のポイント還元率となっており、楽天系のサービスを利用した場合には2%や3%還元になることもあるのです。

ただし、残念ながら即日発行には対応していません。1週間から2週間ほど発行には時間がかかってしまうので、そのことを理解して申し込みさえすれば、特にマイナス面はありません。

ちなみに国際ブランドは3つ用意されています。VUSAちJCBとマスターカードが選択できるのです。どの国際ブランドも人気があり使い勝手も良いので、特に悩む必要はありませんよ。ただ、海外利用を考えているのであれば、VISA。かMasterCardをおすすめします。