クレジットカード審査の注意点

クレジットカードの発行に必ず必要となるのが審査という過程です。あまり気にしていないかもしれませんがクレジットカードの審査を受けるにあたり注意してもらいたい事項がいくつかあるのですね。これを守っていないといくらクレジットカードヒストリーや収入の状況に問題が無かったとしても審査に落ちてしまうかもしれません。ちょっとした注意でこれは解決できますので気をつけれることは気をつけてクレジットカードに申し込みをしましょう。

■複数のクレジットカードを同時に申し込まない
これは同時でなくとも1週間以内などの短期間に連続してクレジットカードに申し込みをしてしまう場合にも当てはまることです。最近ではクレジットカードの活用術などが様々紹介されてきたことで、複数のクレジットカードを利用してポイントやマイルをお得に貯めようと考えているかたも多いでしょう。
クレジットカードを利用した節約術などは多々ありますが、大切なことはこれらを実践するためにクレジットカードにまとめて申し込んだりしないことです。クレジットカード会社はそれぞれの利用者がいつどんなクレジットカードに申込んだかをクレジットヒストリーから確認できるようになっています。ここに1週間以内に申し込みが多発している事実などがあるとクレジットカード会社は良い印象を持ちません。お金に困っておりどうしてもクレジットカードが欲しいような人と捉えられるようなこともあるみたいですね。

■内容を正確に記述する
最近はWebからの申込みも簡単になったことによって、紙でクレジットカードの申込みをしていたときほど申し込みに気を使う必要が無くなりました。紙であれば書き直しなどが発生しないように集中して対応していたものが、webから申し込めることによって少し気が抜けてしまうものになったわけです。
こうなると人間なので仕方ないのですが打ち間違いや内容の認識違いで間違った内容のまま申請してしまうことがあります。確認画面が用意されているはずですがここでも見落とすこともありますね。クレジットカード会社は申込みしてきた内容をまずは正として審査に取り掛かることになります。ただ、審査の過程で信用情報なども確認しますので何かしらの間違いがあると発覚はしてしまいます。この時クレジットカード会社は打ち間違いをしたのか、クレジットカード発行のために虚偽の申告をしたのかを判断することができません。その結果として虚偽の申請をしたと捉えれてしまいます。こうなると審査に不利となりますので正確な記述をすることが一層大切です。

雇用形態とクレジットカードの審査

クレジットカードはどんなに持ちたいと思っても持てるものではありません。審査を突破しなければカードの取得はできないわけです。そこで注目をしてほしいのが、クレジットカードの審査の内容です。どういった状態であればカードの審査が有利になるのでしょうか。どういった状態であれば、カードの審査が不利になるのでしょうか。

このサイトではクレジットカードの審査の内容について徹底解説します。

■クレジットカードの審査に大いに関わる雇用形態

・正社員は高評価される!

正規の社員であると、収入も安定しており、急に仕事をやめられてしまうような心配も少ないということで、高く評価されます。正社員であれば、クレジットカードの審査に突破できる可能性は極めて高くなるわけです。

・不安定な雇用形態は審査が厳しくなってしまう

たとえば、会社経営者であるとか自営業の方であるとか自由業の方は、収入的にも安定していません。返済能力に疑問符がついてしまうこともあるのでクレジットカードの審査では不利な状況になってしまうわけです。

他にもパートやアルバイト、注いて契約社員や派遣社員の方はカードの審査で難しい立場に立たされてしまう恐れがあります。非正規社員お方よりも正規社員の方のほうがクレジットカードの審査には突破しやすい、ということは覚えておきましょう。もちろんスコアリング審査でも正社員のほうがポイントが高く設定されています。

勤続年数とクレジットカードの審査

クレジットカードはスコアリング審査というものを実施しています。スコアが高ければ高いほうがカードの審査に突破しやすい、と言うわけです。そのスコアリング審査で重要視される機会が多くなっているのが勤続年数です。

今回はクレジットカードの審査と勤続年数の関係性に迫ります。果たしてどのような関係性があるのでしょう。やはり勤続年数は長ければ長いほうが良い結果となるのでしょうか。

■勤続年数が長ければ長いほどクレジットカードの審査は突破しやすい!

・一般的には1年がボーダーライン

一般カードの審査を受ける場合には、1年程度の勤続年数があれば問題ない、とされています。1年未満の勤続年数となってしまうと、カードの審査は圧倒的に不利になってしまうのです。
勤続年数が長いということは、このまま仕事を続けてくれる可能性が高い、ということになります。返済力がある状態をある程度はキープしてくれる、と考えられるわけです。
一方で、勤続年数が短い場合にはいつ仕事をやめられてしまうかわかりません。そう判断されてしまうと、審査で不利になってしまうことも十分に考えられるわけです。

勤続年数の長短は思った以上に審査に関わってくる部分なので、どうしても審査を突破したい場合には1年以上になってから申し込みを行いましょう。

年齢とクレジットカードの審査

クレジットカードの審査には様々な属性情報が絡んできます。一つ一つについて点数をつけられて審査を行われるわけですが、そのことをスコアリング審査、とよんでいます。

今回は年齢におけるスコアリング審査についてお話します。果たしてクレジットカードの審査にはどのように年齢が関わってくるのでしょうか。確かめてみましょう。

■クレジットカードの審査と年齢の関係性

・若すぎても年齢が高すぎても不利になる可能性あり

あまり神経質になることはありませんが、新たなクレジットカードを作る場合ですが、年齢が低すぎると難しいケースがあります。まだまだ収入が安定しない時期でもあるので、返済能力が低い、と判断されてしまうのです。
また年齢が高すぎても問題視されることがあります。年齢が高くなると収入がどうしても下がってきてしまうわけです。そこで、やはり返済能力に問題あり、と判断されてしまうわけです。

・どのくらいの年齢クレジットカード審査に有利なのか?

30代から40代であると、クレジットカードの審査が有利になるケースが多くなります。収入が高くなりやすい時期でもあるので、審査は有利に進んでいく可能性が高いわけです。

・初めてカードを作る時は注意しよう

今までクレジットカード持ったことがない人が30代でいきなり作る、というのは少し難しいです。クレヒスがないとカード会社も判断できないからです。なるべく若いうちにカードを1枚作っておき、実績を高めておきましょう。

年収とクレジットカードの審査

クレジットカードのスコアリング審査で重要視されるのが年収です。年収は返済能力に直結してくるものでもあります。だからこそ、スコアリング審査でどのくらいの年収があると高く評価されるのか、ということは把握しておかなければなりません。また、クレジットカードの審査で最低限度の程度の年酒があれば審査に突破できるのか、ということも把握しておきましょう。特に、パートやアルバイトの方は必見ですよ。

■年収とクレジトカードの審査の関係性

・高ければ高いほど良い!

年収はそもそも返済能力に直結している部分でもあります。ですから、年収は高ければ高いほど審査で有利な状況になるわけです。
年収が高ければ、その分返済に回せるお金も多くなるわけですよね。たとえば、月に100万円収入がある方と10万円しか収入がない方であれば、当然100万円の収入がある人のほうが返済に回せるお金は多い、ということになるわけです。

・最低限度の程度の年収があればクレジットカードの審査に突破できるのか?

各カード会社によって判断条件は異なってきます。一つのボーダーラインとされているのが、年収120万円です。月に10万円以上の収入があれば、審査難易度の低いカードであれば突破できる可能性が出てきます。

他社借り入れとクレジットカードの審査

クレジットカードのスコアリング審査で、かなり需要視されるテーマがあります。それは他社の借り入れです。借金がある状態の方と、借金のない状態の方ではクレジットカードの審査の突破率に大きな違い、というものが当然でてきてしまうわけです。

今回は他社借り入れとクレジットカードの審査に関係性に迫ります。すでに借金をしているという方は必見ですよ。

■他社借り入れがあるとクレジットカード審査は厳しくなる

・返済能力に疑問符がついてしまう

すでに借金があるということは、その返済をしなければならないことになります。返済をしなければならないということは、それだけクレジットカードを利用した場合の支払い能力が低い、ということになってしまうわけです。
たと言えば、月に自由に使えるお金が50,000円ある方が二人いるとします。借金がない方であれば、その50,000円をクレジットカードの返済に回せます。しかし、借金の返済額が毎月30,000円である場合には、残りの20,000円しか返済に回せない、といった状態になってしまうわけです。
借金がない方に対してのほうがクレジットカードの審査がゆるくなるのは当然、といっても過言ではありません。

・あまり神経質にならなくても良い

毎月の返済の滞りなく行っていれば、個人信用情報の内容はそれほど悪くありません。多少の借金であれば問題ないのです。

審査に関わる信用情報機関って!?

皆さんはクレジットカードの審査において信用情報というものが利用されていることを知っていますか?耳にしたことがある方も居れば、何となく信用情報機関って大丈夫なものなの?と感じた方もいるかもしれません。この信用情報機関というのはクレジットカードの審査を受けるにあたり必ず利用される機関なんですね。実態があまり知られていないこともありますが審査に通過するために知っておいて損は無い知識ですのでご紹介します。

■信用情報とは
まずは信用情報機関がどのような役割を果たしているのかをご説明します。この信用情報機関というのはクレジットカード会社に変わってクレジットカードに申し込んだ方のクレジットカード利用履歴や契約情報などを集約している会社となっています。なぜこのような会社が必要になるのかというとクレジットカード会社は独自に全ての支払い状況やクレジットカードの契約状況を把握することが出来ないからです。世の中には数え切れないほどのクレジットカードが発行されており、それぞれの会社が独自にクレジットカードを発行していることが大半です。そのため連携している会社でない限りは簡単にクレジットカードの契約状況などを把握することが出来ないのですね。
これではクレジットカードの審査においてその人の金銭面での状況を把握することが出来ません。そこで利用することが義務付けられているのがこの信用情報機関なのです。信用情報機関にはクレジットカード利用者の毎月の支払い状況などが記載されています。こういった情報が共有されている事によってクレジットカードの発行が適切かどうか判断できるようになっているわけです。

■日本における信用情報機関は3社
信用情報機関とまとめて紹介はしていますが実は信用情報機関は日本に3つの会社として用意されています。クレジットカードを発行している会社がどのような業種かによって加入する信用情報機関が異なったものとなっているのですね。
この信用情報機関はそれぞれ独自に情報を集めているものの一部の情報に関しては共有するような仕組みが作られています。全ての情報が共有されているわけではないですが、滞納が続いているいわゆるブラックリストに入っているような方はこの信用情報機関の間で共有されているのですね。
クレジットカードは1つあるいは2つの信用情報機関の内容を照会して審査されています。この紹介する信用情報機関が異なることが審査の結果を左右する理由の一つでもあります。