クレジットカード審査の流れを学ぼう

何気なく申込みをしているクレジットカードですがこれには審査の過程が用意されていますよね。皆さんはこの審査においてどのようなことが行われているのか知っていますか。そんなこと知らなくても審査に通過していれば問題ないと思うとは思いますが、逆に審査に落ちてしまったときにはどのような流れで審査されているのかを理解しておくことで改善点が見えてくるかもしれません。せっかくの機会ですのでクレジットカード審査の流れについて学んでみましょう。

クレジットカードの審査というのは大きく分けて二つのパートから構成されています。一つ目は信用情報を照会して審査するというものであり、二つ目は申込内容が基準に達しているのかを判断するという審査です。それぞれ詳細を確認していきます。
まず一つ目ですがクレジットカードの審査には信用情報というのが常に関連してきます。これはクレジットカードとは別に信用情報機関と呼ばれる会社が用意されておりここに信用情報を照会するのですね。この信用情報には今までクレジットカードの支払いやローンの支払が正しく行われているか、他のクレジットカードはどれぐらい発行されていてどれぐらいの利用状況となっているのか、クレジットカード以外にも自動車や住宅ローンなどの利用があるのかどうかといったことが情報として記載されています。
難しく書いたような感じもありますが簡単に説明するとクレジットカードを発行しても大丈夫な人かどうかを判断する審査がおこなれています。他の利用金額が多いと回収できない可能性もありますのでそこを判断しているのですね。
この信用情報と合わせて審査されるのが二つ目の申込内容の評価です。今では申込内容もコンピュータを利用して評価されるのが一般的となっており、申込内容を点数化するスコアリングという方式が利用されるのが一般的です。このスコアリングに関してはクレジットカード会社によって点数の付け方が大きく異なっているのが特徴となっています。
とあるクレジットカード会社では年収を重視していることもありますし、他のクレジットカード会社では年齢や勤続年数を重視していることもあります。これらの情報は詳細には公開されていませんがそれぞれのクレジットカード会社の独自の基準によって評価されてスコアリングされています。このスコアリングされた結果が基準点に達しているのかどうかで審査の合否が決まるのが一般的です。また点数が少し足りないといったときには従業員が個別に審査して発行の可否を判断していることもあるようです。

クレジットカードの審査に落ちる原因

クレジットカードの発行には必ず審査が発生します。審査があるということは審査に通過する方と審査に落ちる方が出るということですよね。この審査に落ちる方にはどういった問題があるのでしょうか。いくつかのパターンにが考えられますのでパターンごとに検証してみたいと思います。

■支払い遅延などの経験がある
これがクレジットカード審査に落ちる原因として多いものの一つです。クレジットカードの審査には今までにどのようなクレジットカードの利用実績があるのかということが確認されています。この情報の中に今まで正しく支払いが出来ているのかどうかを確認する項目が用意されているのですね。
クレジットカード会社は信用に基づいてクレジットカードの利用を許可しています。そのため今までに支払い遅延などが発生している方にはクレジットカードの発行をしづらいのが現状でしょう。皆さんも貸してくれない人にお金を貸すことは無いと思いますしそれと同じわけです。この支払状況には最近では携帯電話の割賦なども含まれていますので気づかないところで遅延していないかどうかも確認が重要です。

■短期間にクレジットカードに申し込みすぎた
信用情報の中にはクレジットカードの利用状況だけではなくクレジットカードの発行状況や申し込み状況も記載されています。クレジットカードの審査に通過してもしなくとも審査を受けたという事実は残るようになっているのです。この履歴があまりにも多いとクレジットカード会社に悪印象を与えてしまいます。
どうしてもクレジットカードを発行したいように見える方はお金に困っている自転車操業の可能性もあります。そういったことを考慮して審査に落ちてしまうことがあるのです。

■クレジットカードを持ちすぎている
これも審査落ちの原因として考えられるものです。クレジットカードのように無担保で利用できるものに関しては与信枠と呼ばれるその個人がどの程度の支払い能力があるのかという基準が存在しています。クレジットカードの与信の考え方ととして、利用していなくともクレジットカードに限度額として割当をした時点で利用したのと同様に扱うことになっています。
こういった仕組みがありますので、利用していないクレジットカードを多く持っている場合は利用額が0円であっても審査に通りくくなってしまいます。これはクレジットカードだけではなくローンなどの審査にも影響することがありますので、まずは利用していないクレジットカードを解約することから始めたほうが良い特もあるでしょう。

居住年数とクレジットカードの審査

クレジットカードのスコアリング審査に関わってくるものとして注目を集めているのが居住年数です。居住年数が長いと審査が有利になり、居住年数が短いと審査が不利になる、といった特徴を持っています。

こちらではもう少し詳しく居住年数とクレジットカードの審査について解説します。

■居住年数はクレジットカードの審査にどのように関わっているのか?

・長ければ長いほど高評価される!

居住年数が長いということは、その地域に生活圏がある、ということでもあります。ですから、カード会社としても発行しやすいわけです。もしも支払いが滞ったとしても回収がしやすい、ということになります。いわゆる、夜逃げのようなことをされにくい、と判断できるわけです。

一方で、居住年数が短いと、定期的に引っ越しをされてしまうかもしれません。なかなか相手の居場所を突き止められない、といった状態になってしまうことも考えられるわけです。カード会社としてはそれはどうしても避けたいところです。

・持ち家だとさらに評価は高まる

住んでいる家が賃貸であるか、それとも持ち家であるか、という部分でも評価が大きく異なってくるわけです。持ち家である場合には、財産を持っているということになるので評価は圧倒的に高まります。

クレジットカード審査に落ちたときに確認すること

複数の条件があるクレジットカードの審査ですがこの条件を満たしていないと審査落ちということになっています。普段は何気なく審査に通っていても急に審査に落ちてしまうこともありますし問題がどこにあるのかわからないことも多いでしょう。実はクレジットカードの審査には様々な観点から審査する仕組みが用意されていますのでこれらについて順に確認していく必要があるのですね。どのようなことを確認していけば良いのかをご紹介します。

■信用情報に問題がある
クレジットカードの審査落ちとして一番考えられるのはこの信用情報に関するものでしょう。クレジットカード発行時には必ず信用情報が確認され、この信用情報に問題があると審査に通過することは出来ないのですね。信用情報の内容として確認されることはいくつかあるのですが一つに支払い遅延などの金融事故が無いのかということがあります。クレジットカードの支払状況やクレジットカードに限らずカードローンなどの利用状況は信用情報に掲載されていますのでこれを利用してクレジットカードを発行しても大丈夫な状況かどうかを判断していると考えると分かりやすいでしょう。
また信用情報は支払状況だけではなくクレジットカードの申込状況に関しても審査の対象となっています。短期間に大量のクレジットカードに申し込んでいるなどの状況が確認されればそれが正当な申し込みなのか、不正なことに利用されないかというような心配がなされてしまい審査に通らないといったことも発生しうるのです。

■ステータス性に問題がある
クレジットカードの中にはステータス性が高いものが存在しています。クレジットカードの種類でいえばゴールドカードやプラチナカードといったものがステータス性が高いものと言われていますし、国際ブランドであればアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブがステータス性が高いものと一般には認知されています。
これらのクレジットカードに関してはクレジットカードの発行時にどのような人物がクレジットカードを持つのかを多角的に判断しているようです。年齢面であったり年収面であることが多いとは思いますが、信用情報だけではなくクレジットカードを持つに値するかを判断しているのですね。こういった観点から審査しているクレジットカードは相対的に多くはないですが、審査に落ちてしまったときにはステータス性面でも問題なかったか確認してみることが大切です。

個人信用情報センターとクレカ審査の関係性

クレジットカードの審査で重要な項目として非常に有名となっているのが、個人信用情報センターの情報です。個人信用情報に問題があると、審査落ちはほぼ確実と言っても過言ではありません。だからこそ個人情報センターの情報をしっかりと確認していかなければならないわけです。どういった情報が記載されていると審査落ちをしやすくなってしまうのでしょうか。

■個人信用情報センターとクレジットカード審査の関係性について

・審査落ち情報があるとダメ

クレジットカードの申し込みを行い、審査に落ちてしまった、といいう情報が残ってしまうケースがあります。審査落ちの情報が残ってしまうと、危険性があるのではないか、と思われてしまうわけです。

数多くの審査に申し込んで審査落ちしていると、やはり審査には通りにくくなるので注意しましょう。

・返済の遅れがちょこちょこある

現在は滞納していなかったとしても、過去に返済に遅れた経験があると、その情報が記載されているのです。計画通りに返済ができない人物、といったレッテルが貼られてしまう可能性もあるので注意しましょう。
返済は毎月確実に行うことがベストです。返済に送れないように計画に利用してください。

・債務整理経験がある

債務整理情報が個人信用情報に記載されていると、クレジットカードの審査は圧倒的に不利になります。債務整理の情報は5年から10年間も残存するので、長期に渡ってクレジットカードの審査に影響を与えてしまいます。

年齢と勤務先は審査に大きく関係している

クレジットカードの審査には様々な情報が関わってきます。その情報の中で注目しておきたいのが、年齢と勤務先です。2つの情報とも審査には大いに関わってくるので、どのようなものだと有利になり、どのようンバ者だと振りになるのか、ということは理解しておく必要性があります。

■年齢とクレジットカードの審査について

・若すぎてもダメ、高齢過ぎてもダメ

クレジットカード位の審査で有利になる年齢は、30代から40代程度とされています。ちょうど稼ぎが良い時期に審査に通りやすくなる、といった特徴を持っているわけです。
クレジットカード会社としても返済能力がない方に対する貸出しはどうしても避けたいところなのです。

20代や60代以降になってしまうと返済能力に難があると判断されてしまいかねません。

■勤務先とクレジットカードの審査について

・大手に勤めていると有利になる

クレジットカードの審査で有利になるのが大手企業に努めている、ということです。大手であれば急に潰れるような心配もありません。
今後も継続的に仕事をしてくれる、と判断できるわけです。

勤務先とクレジットカードの審査にも大きな関わりあいがあるので、前もって知っておきましょう。ただし、中小企業に努めているからと言って必ず審査落ちしてしまうわけではありません。何も転職する必要はありませんよ。