無職でも審査に通るために

クレジットカードの審査は無職でも通るのでしょうか。これはクレジットカードを利用している人が一度は思ったことがある疑問だと思います。見た感じ働いている感じでは無い方もクレジットカードを利用していることが多くどのようにクレジットカードを手に入れたのか気になることもあるでしょう。クレジットカード審査の裏側について今回はまとめてみました。

基本的に無職の方はクレジットカードの審査に通過するのが難しくなっています。無職でも資産があればクレジットカードを発行できるのでは無いかと思う方も居るでしょうがクレジットカードの審査は資産よりも定期的な収入を重視しています。クレジットカードの支払いは毎月定期的に発生するものですので、それに対応できるような収入があること重要視されているのです。ただこれは一般的な考えであり一部のクレジットカードでは資産についての評価(貯金額など)をしている会社もありますので、どうしても資産だけで審査に通りたいのであればアメリカン・エキスプレスのようなステータス性が高く資産も審査対象となるようなものを利用することが大雪となります。

無職とは言えども必ずしも収入が無いとは言えないと考えるのが私の考えです。職には就いていないものの地主であるなど何かしらの収入がある場合もありますし、フリーランスで働いている場合は収入があるもののどこにも属していないので無職として扱われているような場合もあるでしょう。クレジットカードの審査において無職とは完全に無収入の方を指しているようですのでこういった項目を選択してしまうと実態と異なったものになります。ちなみに無職を選択してしまうとなかなか審査に通過することは出来ないです。ですが、実態は無職であっても何かしらの収入があるのであれば自営業などを選択しておく事によって印象はかなり良くなると思います。

クレジットカードの審査は無職であれば通りにくいというのが基本です。しかしこの無職というのは無職としてクレジットカードの申込みをしてしまうと審査に通りにくいということを指しています。全く収入が無い無職の場合はクレジットカードを持たないほうがいいと私は思うのですが、貯蓄だけで十分に生きていける場合には投資家などを名乗ることでクレジットカードの審査には通りやすくなると思います。
全体を通じて大切なことは無職であっても無職として申請はしないことです。確定申告をしていればそれなりに収入の証明も出来ますしこういったものも活用できるならしておきましょう。

■無職でもクレジットカードの審査に通過出来るように

クレジットカードの審査において重要視されている項目がどのようなものかご存知でしょうか。有用さのバランスはクレジットカード会社によって異なるものとはなっていますが概ね
・年収(安定した収入があるのかどうか)
・居住地(詐欺などに利用される架空の人物を名乗った申請ではないか)
・他社の利用状況など(安定して支払いを続けられるかどうか)
といったことが確認されています。無職の場合居住地に関しては問題ないことが多いでしょうが、年収に関してはどうしても不利になってしまう可能性があります。確かに無職とはいえども不動産を管理していたり土地を所有しているなど一部不労所得のようなものを得ている方は居ると思います。今回はこのようなレアなケースは除いてどうすれば無職でもクレジットカードの審査に通ることが出来るのかについて考えてみたいと思います。

まず一つ目は単純に形だけでも働いてみることです。クレジットカードによっては在籍確認が必要なものもありますし、電話を受けてくれる企業があればただの無職であるよりはずっと審査に通りやすくなります。友人が営業しているお店やコンビニなどで働いてみたり、その他近くで募集されているアルバイトを短期でも活用してみると良いでしょう。
また、アルバイトでなくとも派遣会社に登録するというのも一つの有効な手段です。派遣会社は派遣されていないと無職だと思うかたも居るようですが、正式に登録された時点でその会社の従業員として扱われることになっています。そのため実施に働いて収入を得ていなくとも表向きは無職ではなくなるのです。クレジットカードの審査においては勤務内容よりも安定して収入を得られる見込みがあるかどうかが重要視されていますので、派遣会社のような仕事を安定して受けられる可能性のある企業に登録しておければある程度の安心感は持ってもらえるようです。

二つ目は自分ではクレジットカードの審査を受けずに家族カードとして発行してもらうことです。家族カードの発行は本カードを所有している方の状況によって発行の可否が決まります。そのため利用する人物が無職であるかどうかは確認されていません。もちろん審査以前に18歳以上しか家族カードを所有できないなどの制限はありますが、そういった制限を除くと家族カードを利用して無職でもクレジットカードを手に入れるというのが一番簡単で単純な手法であると思われます。

■無職で審査に通りにくいときはクレジットカードの代わりになるものを

無職でクレジットカードの審査に通過しないという場合に利用したいのがデビットカードです。このデビットカードはただの銀行から引き落とすだけのカード・利用できる店舗が少ない不便カードと思われがちですが、最近ではクレジットカード同様に国際ブランドが付与されているデビットカードが存在しています。
このデビットカードに国際ブランドが付与されているとどういうメリットがあるかと紹介しますと、なんとデビットカードにも関わらずクレジットカードと同様に店舗で利用できたりネットショッピングで利用できるのです。これはクレジットカードの審査に通らなかった無職の方に関しても非常にうれしい話だと思われます。

デビットカードとして有名なものがクレジットカードとしても非常に人気の高い楽天が発行している「楽天JCBでビットカード」です。こちらのデビットカードは審査が不要ですので無職の方でも簡単に作成することができますし、何よりクレジットカードと同様に利用できるというのが嬉しいですね。デビットカードとはついていますが楽天カードと同様に利用額に応じてポイントも貯まりますので無職の方でもお得に買い物ができる優れものとなっています。

この他にもデビットカードは数多く発行されておりクレジットカード会社以外では銀行が発行するものが多くなっています。ネットバンクなどでも有名なするが銀行では「SURUGA VISAデビットカード」というものが発行されており、名前からもわかるようにVISAのクレジットカードとして利用することが可能となっています。他にもスルガ銀行は様々な企業と提携しているデビットカードを発行しておりHISやANAと連携したものまで発行されているので驚きです。

もうひとつデビットカードの発行元として有名なネットバンクがジャパンネット銀行でしょう。基本となるデビットカードは「JNB Visaデビット」と呼ばれるもので審査無しでクレジットカード同様に利用できるものが発行されています。

クレジットカードの審査に通りにくい無職の方にとってデビットカードの存在はとてもありがたいものです。ただ注意すべき点もいくつかあります。例えばデビットカードは口座からの引き落としがすぐに発生するためデビットカードを発行している銀行の口座を所有する必要があります。口座開設に審査はありませんが多少は手間ですね。またクレジットカードとは異なり手数料や年会費が必要となるものも多いので注意してください。

クレジットカードの審査を受けすぎてはいけない

クレジットカードの審査に通らないと連続してクレジットカードに申し込んでしまうこともあるでしょう。とにかくクレジットカードを手に入れたいという気持ちは理解できますが、クレジットカードは連続して申し込んだり多重で申し込んだりすればするほど審査に落ちやすい傾向があります。

この理由としてはクレジットカードの審査において利用される信用情報というものが関わっています。信用情報はクレジットカードの審査において必ず参照される情報であり日本では独立した会社がこれを管理しています。この信用情報にはクレジットカードへの申込み状況や審査の結果も記載されるようになっているのですね。記載内容はクレジットカード会社によって多少は異なるのですが、いつクレジットカードに申し込んでいつ信用情報を参照したか、そしてその結果としてクレジットカードの発行はされたかどうかということが記載されています。
クレジットカードは信用を元に発行されるものですので短期間で多くのクレジットカードに申し込んでいる場合は本当に支払えるのかといった信用情報に心配を与えてしまうことになります。またこれに加えて短期間でのクレジットカード発行が多いと犯罪などに利用される可能性も出てきますのでなおさらクレジットカード会社は慎重に審査することになるのですね。

このクレジットカードに申し込みをしすぎて審査に通りにくくなった状況を最近ではプチブラック状態と呼ぶこともあるようです。一般に言われる金融事故を起こした状態では無いものの、審査に通りにくい状態のことですね。クレジットカードに申し込みをしすぎると審査に通りにくくなるということはあまり知られていない情報かもしれませんし自分ではまず気づくことも無いと思います。

クレジットカードの活用術が多様化してきたことでクレジットカードを用途に合わせて多く持つことも検討すべき自体とはなってきました。これに伴いクレジットカードをそれぞれの用途のために作成したいことも多々あるでしょう。ただ信用情報には最大で6ヶ月のクレジットカード申し込み情報が残されています。この情報が残り続けているときはクレジットカードの審査に通りにくい可能性があるのですね。
一般的には同時期にクレジットカードに申しこなければある程度の審査は受けられるものと言われています。しかし半年や3ヶ月間で5-10枚ものクレジットカードに申し込んでいると審査が厳しくなるでしょう。

不備をなくして審査に落ちないようにする

クレジットカードの中には申込み条件が具体的に設定されているものがあります。またクレジットカードの記載事項に関しても基本的には正確に記載されていることが求められているのですね。これらの申込み条件について事前に確認していないと審査に落ちてしまうことに繋がってしまいます。正確に書くことも重要ですので申込み条件を満たしているのかを事前に確認しておくようにしましょう。

これは一例ですがクレジットカードの中には年収制限や年齢制限が設けられているものがあります。クレジットカードの申込み時にはここの条件を踏まえずに申込みが出来るものが多いのですが、審査の過程で基本的に条件を満たしていないと落ちてしまうことになります。一部のクレジットカードであれば申し込み時にこの点を確認してくれるものとなっていますがこれは一部でありここえ指摘されるのは非常に良心的であると考えることが出来ます。
それではもし仮に入力内容が異なっていたときはどうなるのでしょうか。年齢に関しては個人情報の確認を行いますので生年月日などに間違いがあると修正を求められます。また修正に応じれない場合には間違いなく審査に落ちてしまいますのでここw偽るということは不可能でしょう。誤りであれば修正するしか無いですし、修正せずに審査を受けることは出来ませんので正確に記述することが大切となっています。
年収に関しては基本的に多少の間違いがあってもそのまま審査が実施されることとなっています。クレジットカードの審査においてはローンなどの場合に比べて年収証明書の提出などを求められることが少ないのでもし仮に誤りであったとしてもそのまま審査が続くこととなります。ただ、明らかに誤りであると考えられるものについては申込内容について確認がクレジットカード会社から届くことがあります。例えば転職してすぐに年収が高額なものとして申告されていたり年齢や勤務先の年収相場から大きくかけ離れた金額が申告されていれば何かしらの確認があると思ったほうが良いでしょう。端数を丸めたような記載であればそこまで気にされないとは思いますが、恣意的に年収を大きく記載したと判断されると審査の面でクレジットカード会社に悪い印象を与えてしまいます。年収制限があるようなクレジットカードでは年収を大きく書きたくなるのはわかりますがメリットは非常に小さいと考えられますので正直に申告することが大切です。

クレジットカードの審査は正確性も非常に重要です。申込み条件が厳しくともそれを満たすために虚偽の申請はしないことがもちろん大切です。